« ダイビングインストラクター誕生です。 | トップページ | 阿波連ビーチ侮れんビーチ »

2017年1月19日 (木)

高水温期を過ぎての影響 考察

本日の渡嘉敷島は曇り時々雨

気温は22℃まで上がってましたから

ちょっと蒸し暑い感じナリ

明日からはまた北風で時化そうです。

 

昨日、合格しましたピチピチのダイビングインストラクターを

ガイドしてきました

鉄は熱いうちに打てって言葉があるように

何でも吸収できる時はそれに集中してほしいってのもあります。

初めて見たと言ってた生物も紹介出来たし、

ザトウクジラのラブソングも聞こえました。

コレは私も今季初でありました

例年より1月遅いですね。

それもこれも去年の高水温の影響ですね。

他の理由もあって近年は奄美大島付近での

ザトウクジラの確認数が増えているのと

ケラマ諸島での確認数が減っているのも関連があると思います。

こちらはもう少し長い目で見ないと何とも言えませんが・・・。

 

他の高水温の影響を受けた例として、去年の暮れくらいから

ちらほらと見かけるようになった小さなタテジマキンチャクダイ

大きさは10~12センチほど

クマノミくらいと言えば想像がつきますかな?

通常ならばまだまだ幼魚の渦巻き模様の体色を

見せていて当然なのですが、

その大きさでしっかりとした成魚の縦縞の体色をしています。

魚類は南方(水温の高い地域)に行けば同種でも体のサイズが

小さくなる傾向があります。

繁殖・産卵に適した水温であり、それに耐えれる大きさになると

成魚体色に変わり、繁殖に精を出すのだと思います。

逆に北に生息する同種は水温が低くても生きられるが、

産卵に適していない水温だと繁殖行動を止めてうので、

その期間に体が大きくなる方に栄養が行ってしまいます。

幼魚と成魚で体色の違う魚は成魚の体色にならないと

雄ならば雌、雌ならば雄に相手にされない事も考えられます。

Blog1701191
水温が高いと言う条件で成魚の体色に変化しています。

水温が低ければまだ幼魚の体色のままだと思います。

他にも条件があるかな~?

 

こんなブログですが皆さんの心が少しでも和んでくれたらと思います

震災の一日も早い復興を願う!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

ランキングに参加しています。
クリックするだけでOKです。
励みにしています

◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆

|

« ダイビングインストラクター誕生です。 | トップページ | 阿波連ビーチ侮れんビーチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

慶良間諸島」カテゴリの記事

渡嘉敷島」カテゴリの記事

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

幼魚」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高水温期を過ぎての影響 考察:

« ダイビングインストラクター誕生です。 | トップページ | 阿波連ビーチ侮れんビーチ »