Vibgyorのボート
船名は前持ち主の児童文学作家の灰谷健次郎氏(06年没)が、命名しました。
型は古いですが、時化に強いボートです。